車の歴史

車を知るには歴史から

車はどのような歴史的存在でしょうか。このページは車に熱い情熱を傾ける弊社が、車の歴史をご紹介いたします。

ガソリンエンジン車の登場まで

古代から中世にかけて車のような高速交通手段は、馬車や馬でした。車に直接に関係する発明品は、ニコラ・ジョセフ・キュニョーの蒸気で走る車です。しかも、電気自動車が、1873年にイギリスで誕生しております。

ガソリンエンジン車以降

ガソリンエンジン車は、ゴットリープ・ダイムラーがエンジンを発明したことに直接の起源をもちます。

ガソリンエンジンが彼によって完成され、次に、ガソリンエンジン車として、パナール・ルヴァソールが発明されました。
このパナール・ルヴァソールによって、初めてガソリンエンジン車の効用が認知されました。
これ以降、様々なガソリン車が量産化され、特にアメリカ企業が力を持つようになります。

日本での自動車産業

日本では、自動車製造の試みが1904年にすでに始まっております。それから10年後の1924年に乗用車として初めてとなる国産車「ダット」が完成します。

しかし当時は、まだ日本の技術力は高くなく、アメリカによって国内市場も寡占されてしまいます。そこで、現在のトヨタ自動車の前身となる企業などが次々に設立させ巻き返しを図るようになります。そこから、今の自動車大国日本へとつながっていくのです。

PAGE TOP